今だけ!【数限定/無料レンタル】東大×AI 最新タブレット教材「RISU」を試しました

幼児の英語の教え方!七田式ではこんな風に教えています

幼児の英語の教え方!七田式ではこんな風に教えています

小学校に入れば義務教育でも英語の授業は始まります。
でも、そこからでいいの・・・?

そんなパパ・ママの疑問にお答えします。

もしかしたら義務教育での英語教育は遅いのかも

義務教育での英語教育は遅いのかも
生まれたての赤ちゃんは言葉を知りません。
でも、生まれてから1年も経つと、簡単な単語なら話すようになります。
さらに1年経ち2歳になる頃には、簡単な文章を話すようになります。
そして3歳になると、自分で考え、自分で文章を作り、長いお話もできるようになります。

ここまでたったの3年。
私達は義務教育で小学校5年生から英語を学びます。
そして2020年には小学校3年生から英語を必修化にするとしています。

小中高とこの先こども達が英語を学ぶ機会があるのは9年間となるわけです。
しかし、これだけ長い間英語を学んでも、果たして母国語のようにスラスラと話せるようになるのは難しいと考えられています。

それは、英語の習得方法が「勉強」になってしまっているためです。

言語習得は頭を使って覚えるものではなく、呼吸をするように自然にインプットアウトプットできるのが理想です。

赤ちゃんは最初の1年ひたすらインプットします。
周囲の言葉を聞いて、その意味を自分で知っていく作業を繰り返すのです。

一方、英語教育ではある英単語に対して、日本語で訳をします。
「Baby」は「赤ちゃん」、「Kids」は「子供」というふうに。

母国語を理解する時、頭の中でこんな作業は行われません。
「Baby」は「Baby」だし「Kids」は「Kids」のままで理解します。

このような覚え方ができるのは0歳から6歳までと考えられています。
さらに、日本語にはない英語の発音がきちんと耳に入るのもまた6歳まで。

そこから先は日本語にない母音を習得するのは困難になると言います。

これが義務教育になる前から幼児に英語を教える理由になります。
できるだけネイティブに近い形で英語を習得させたいと思うパパ・ママは幼児期から英語を開始している方が多いようです。

幼児期の英語、どんな風に教えるのがいい?

幼児期に英語を教える時には少しコツが必要です。

それは「翻訳しない」ということ。
英語を日本語に翻訳して覚えるやり方は自然な言語習得と違います。

大人はつい「これは〇〇って意味だよ」と言いたくなりますが、そこはぐっと我慢。
英語は英語のまま理解させるようにします。

例えば、靴を指さし「It’s Shoes」
美味しいものを食べて「delicious!」

このようなことを繰り返していくことで、自然と英語がそのまま頭に入っていくのが理想です。

七田式ではどのように英語を教えているのか

七田式ではどのように英語を教えているのか
七田式では英語をレッスンの間中、とにかくシャワーのように話しかけます。
先生は決して日本語を話しません。

慣れない子供たちが「日本語で話して」と言っても英語を止めません(笑)

しかもゆっくりなんて話しません。
ネイティブと同じ速度で話します。

自宅では英語のCDを一日90分聞きます。
とにかく英語を聞き、英語の発音を覚えていきます。

聞くだけではなく、アルファベットも書いていきます。
七田式は右脳教育を重視していますが、書く、読むなどの左脳系も同様に鍛えていくイメージです。

一日90分のリスニングは正直、親としても面倒ではありますが、お風呂や食事などの時間を使っていけば確保できない時間では決してありません。

七田式の英語レッスンの流れ

七田式の英語レッスンの流れ

参考までに息子(4歳)が受けている七田式のレッスン内容をまとめます。
レッスン時間は1回40分で週1回。
お家でできそうと思う方はぜひ取り入れてみてください。

ごあいさつ

英語で先生、友達、連れてきてくれたパパ・ママにあいさつをする歌を歌います。

今日を英語で

今日の日にち、曜日、天気、季節などを英語で言っていきます。
先生が「Today is・・・」と言ったところでこども達が「Monday!」など答えを言ってく感じです。

英語の歌を紙芝居を見せながら
英語の歌を聞きながら、その英語の歌が意味する紙芝居を見せながら聞いていきます。

フラッシュカード

絵柄のついたカードを見せながら、先生が高速でその単語の名前を言っていきます。

文章を読む

簡単な文章を親と一緒に読み上げていきます。
4つの文章のみ。
この間に、順番を待つ子供たちはアルファベットなどのプリントをやって過ごします。
といっても3分くらい。

絵カードを使って

ここは毎回教材が違うのですが、こども達が興味をもちそうなものを教材にし、先生と一緒にゲーム感覚で解いていきます。
お買い物、民族衣装、スポーツなどテーマが毎回違うので子供たちは飽きないです。

親の教育

英語教育の考え方、進め方などを読みながら理解を深めます。(3分くらい)

さよならの歌

もちろん英語です。
来た時のごあいさつのような歌を軽いダンスを交えて行います。

以上が七田式の英語レッスンの中身です。
もう少し年齢が高くなると、英語の詩の暗唱などが入ってくるようですね。

実際に七田式の英語教育を受けてみてどうか?

実際に七田式の英語教育を受けてみてどうか?
こどもは楽しいようです。
最初はかなり戸惑っていましたが。

まだ初めて1年もたっていませんが、会話の中に自然に英語が入ってくるようになりました。
「OK」「Yes」「No」「Morning」など簡単なものばかりです。
でもそれを話している息子はとても楽しそうにしています。

新しいことを覚えるのを嬉しいと感じるのは自然なことだと思います。
これが勉強という枠にはめられると窮屈に感じてしまう。

でも、小さい今だからこそ、勉強ではなく楽しく覚えることができるのではないでしょうか。

以下の記事がよく読まれています

七田式の英語、通う?自宅で学ぶ?
七田式の英語レッスンには通うタイプの他、通わずに自宅で学習する教材があります。

レッスンに通う場合でも自宅用教材は必ず購入します。
この「通いながら使う教材」と「完全自宅学習用教材」を徹底的に比較しました。

七田式の英語レッスンを「通うか教材か」でお悩みの方におすすめのまとめ記事です。

【七田式・英語教材】教室用VS通信教材を色々比較しました